便秘 お茶 安全 中国製

中国製の便秘お茶って安全なの?

 

便秘解消お茶には中国製のものがいくつかありますよね。

 

でも、中国製のお茶に安全性を疑問視する方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、中国製の便秘お茶の安全性について検証します。

中国製の便秘お茶の危険性は?

 

中国製の便秘解消効果を期待できるお茶には、減肥茶、プーアル茶、杜仲茶などがありますよね。

 

 

以前、中国から輸入されていたお茶にはフェンフルラミンという食欲を抑制する薬剤が配合されていました。

 

そのせいで死に至るケースもありましたね。

 

また、N-ニトロソフェンフルラミンという成分が含まれているものもありました。

 

その成分を摂取すると肝障害を引き起こす可能性がある、と指摘されました。

 

 

しかし、現在ではそれらの成分が含まれている食品類は輸入が禁止されています。

 

ですから、正規で輸入された中国茶は安全だといっていいのではないでしょうか?

 

 

ただし、フェンフルラミンやN-ニトロソフェンフルラミンが配合されているお茶などは、中国では禁止されていません。

 

ですから、個人輸入によって購入することができます。

 

個人輸入によって購入した中国製の便秘お茶は安全とは言えませんよ。

 

より安全性が高く便秘解消効果の高いお茶は?

 

中国製の便秘お茶が安全だとしても、完全に安心できるわけでもありません。

 

便秘解消お茶には、カフェインが含まれているものがほとんどです。

 

カフェインは妊娠中の方が摂取すると、流産の危険性が出てきます。

 

また、妊娠していなくても様々な悪影響があります。

 

ですから、より安全性を高めるには、カフェインを避けたほうがいいです。

 

 

ちなみに、便秘解消に効果的お茶な「するっと抹茶」は、ノンカフェインです。

 

下剤と同じ成分が入っていないのはもちろんですが、無添加で100%天然素材から出来ていますので、非常に安全性が高いです。

 

ですから、妊娠中の方も安心して飲むことができるんです。

 

 

私は「するっと抹茶」でしつこかった便秘を解消することができました。

 

体験談をまとめてありますので、興味のある方はご覧ください。

 

 

「するっと抹茶」体験談はこちら