便秘 お茶 安全

安全・安心な便秘お茶の選び方は?

 

安全な便秘お茶を選ぶ際にまず確認すべきことは、原材料です。

 

原材料に「センナ」「アロエ」「キャンドルブッシュ(別名:ゴールデンキャンドル)」のいずれかが入っていたら注意が必要です。

 

いずれにも下剤と同じ成分が含まれています。

 

飲み続けると、体が下剤の成分に慣れてしまって、お茶なしでは排便出来なくなる可能性があります。

 

そして、腸が動かなくなる「大腸メラノーシス」になる可能性があります。

 

そうなったら、さらに便秘がひどくなり、深刻なことになります。

 

ですから、この3つが原料に入っていたら注意が必要です。

 

 

あと、便秘お茶の多くはカフェインが含まれていますが、なかにはノンカフェインのものもあります。

 

ノンカフェインのもののほうが安全です

 

特に妊娠中や授乳中のの方は、ノンカフェインを選んだほうがいいでしょう。

 

 

そして、無添加のほうが安全です。

 

 

購入前にチェックすべき点は以上です。

 

 

あと、飲んだ翌日に驚くような効果を実感できたり、下痢になったりしたら要注意です。

 

便秘で2〜3日お通じのない人が安全な便秘お茶を飲んでも、即効でどっさりモリモリは出ないです。

 

出たとしても、すっきり感を感じない程度です。

 

安全な便秘お茶は、徐々に効果を実感できます。

 

いきなり驚くほど効果のあったものは、便秘薬のように強引に排便を促している可能性がありますので、逆に注意が必要です。

 

 

下剤の成分が入ってなく、ノンカフェインで無添加の安全な便秘お茶

「するっと抹茶」の体験談はこちら