便秘 お茶 腹痛

便秘お茶を飲んだら腹痛でつらい!

 

「便秘お茶を飲んだら、腹痛でツラい思いをした!」
そんな経験はないでしょうか?

 

便秘お茶は安全性が高く、まさか腹痛なんてしないだろう、なんて思っている人も多いですよね。

 

しかし、便秘お茶を飲んだせいで腹痛になることがあります。

 

 

では、なぜ便秘お茶を飲むと腹痛になるのでしょうか?

 

また、腹痛になった時はどのような対処をすればいいのでしょうか?

便秘お茶を飲んだら腹痛になる原因

 

便秘お茶を飲んで腹痛になる原因は、便秘お茶に含まれている成分にあります。

 

多くの便秘お茶には、下剤と同じ成分が配合されています。

 

つまり、腸を強引に動かして排便を促す成分が配合されているのです。

 

 

腸を強引に動かそうとすれば、腹痛が起こることがあります。

 

「下剤を飲むと腹痛がする」という人が多いですが、下剤は腸を強引に動かして排便を促すので、腹痛が起こることがあるのです。

 

便秘お茶を飲んで腹痛が起こる原因は、下剤を飲んで腹痛が起こる原因と同じです。

 

 

便秘お茶の原料としてよく使われるのが、センナ、キャンドルブッシュ、アロエです。

 

これらには下剤と同じ成分が含まれています。

 

ですから、これらが原料として使われている便秘お茶を飲むと、腹痛が起こる可能性が高くなります。

便秘お茶を飲んで腹痛がするときの対処法

 

便秘お茶を飲んで腹痛がしたら、そのお茶を飲むのを直ちにやめるべきです。

 

下剤を飲んだら腹痛がするのはしょうがない、と思っている人もいますが、決してそういうわけではありません。

 

出ないものを無理やり出そうとするから腹痛が起こるんです。

 

そして、無理やり出そうとすると、体に負担になりますので、健康的にはよくありません。

 

 

腹痛が起こったら飲むのを直ちにやめて、もっと安全な便秘お茶を飲むといいでしょう。

 

 

センナ、キャンドルブッシュ、アロエが入っていなければ、腹痛の心配はありません。

 

それらの成分が入っておらず、無添加でノンカフェイン、天然成分100%の非常に安全な便秘お茶があります。

 

それは「するっと抹茶」です。

 

 

「するっと抹茶」は、妊婦さんでも飲むことのできる、非常に安全な便秘お茶です。

 

 

私は「するっと抹茶」で便秘を解消しましたが、その時の体験談をまとめました。

 

よろしければ参考にしてください。

 

 

「便秘お茶実録体験レポ」へ