下剤 副作用 吐き気

下剤の副作用で吐き気!そんなときの原因と対処法

 

便秘を解消する下剤は様々な副作用があります。

 

その一つに「吐き気」があります。

 

下剤を飲んで吐き気がする原因と対処法を紹介します。

下剤を飲んだ時に吐き気がする原因

 

下剤は胃で溶けず腸で溶けるようにできています。

 

胃の中は強い酸性ですが、下剤は酸性では溶けず中性で溶けるように作られているのです。

 

しかし、胃の中の酸性度が弱くなると、胃で下剤が溶け出してしまいます。

 

また、牛乳を飲むと胃が中和されて酸性から中性になりますが、そうなると胃で下剤が溶けだしてしまいます。

 

そして、胃腸薬と一緒に下剤を飲んでも胃で下剤が溶けてしまうことがあります。

 

下剤が胃で溶けると、下剤の成分が胃の粘膜を刺激してしまいます。

 

ですから、吐き気がするのです。

下剤の副作用として吐き気がしたときの対処法

 

下剤の副作用である吐き気を避けるには、まず牛乳や胃腸薬と一緒に下剤を飲まないようにします。

 

それでも下剤を飲んだ時に吐き気がする場合は、胃の酸制度が弱くなっていることが考えられます。

 

胃の酸制度は年齢とともに弱くなってしまいますが、これをすぐに回復するのはほぼ不可能です。

 

そういう場合は下剤を飲まないようにするしか吐き気を避けることができません。

 

 

下剤はその他にも様々な副作用があります。

 

また、下剤を飲み続けると体が下剤に慣れてしまって効果がなくなります。

 

そうなったら、便秘を解消する方法がなくなります。

 

そうなる前に下剤の服用をやめたほうがいいです。

 

 

便秘は水溶性食物繊維の摂取量を増やすことで多くの人が解消することができています。

 

即効性はありませんが、徐々に便秘を解消することができているんです。

 

便秘の場合、即効性のある解消法は必ずと言っていいほど副作用があります。

 

ですから、便秘はツラくてもゆっくり解消することが大切になります。

 

 

水溶性食物繊維をたくさん摂取するには、水溶性食物繊維が主成分の「するっと抹茶」がおススメです。

 

副作用の心配をすることなく、安全に便秘を解消することができるんです。

 

「するっと抹茶」の体験談をまとめていますので、興味のあるからは参考にしてください。

 

「するっと抹茶実録体験レポ」へ