食物繊維 乳酸菌 便秘解消

食物繊維も乳酸菌も便秘解消に効果的!?

 

乳酸菌は、腸の悪玉菌を減らし善玉菌を増やし、腸内環境を良くするので、便秘解消に効果的だと言われていますよね。

 

また、食物繊維は便秘解消に効果的だとも言われていますよね。

 

では、いったいどちらが便秘解消により効果的なのでしょうか?


便秘解消により効果的なのは、食物繊維?乳酸菌?

 

「乳酸菌は生きて腸まで届かないと意味がない!」なんて言われていますよね。

 

それで、乳酸菌は胃の酸で死んでしまうので、酸に強い乳酸菌でないと腸内環境は良くならないから便秘解消効果は期待できないと言われてきました。

 

しかし、最近の研究結果から、乳酸菌は生きて腸に届いても意味がない、という事が分かってきました。

 

つまり、乳酸菌が生きて腸に届いても死んでから腸に届いても同じだという事なんです。

 

 

乳酸菌は生きて腸に届いたとしても、乳酸菌自体が悪玉菌を減らす働きをしないそうです。

 

例え生きて腸に届いたとしても、死ぬまで何の働きもしないという事です。

 

そして、死んでから善玉菌のエサになるので、腸内の善玉菌を増やすことができる、という事なんです。

 

 

つまり、乳酸菌は胃で死んでも腸で死んでも、善玉菌のエサにしかならないので、生きて腸に届こうが死んでから腸に届こうが結局は同じだという事が分かったそうです。

 

という事は、乳酸菌は善玉菌のエサになるので腸内の善玉菌を増やす効果はあるものの、それ以上の効果はない、という事になりますね。

 

 

それに対して食物繊維は、腸内の善玉菌のエサになるので、善玉菌を増やす効果があります。

 

それにプラス、便を柔らかくして排便しやすくしたり、腸を刺激して排便運動を促す働きがあります。

 

 

つまり、食物繊維には乳酸菌と同じ働きがあり、それにプラスの働きもあります。

 

そのように考えると、乳酸菌よりも食物繊維のほうが便秘解消により効果的だと考えることができますね。

 

 

食物繊維の種類と便秘解消に効果的な食物繊維の摂取方法については、別のページで解説しました。

 

もしよろしければ、そちらをご覧ください。

 

食物繊維の種類と便秘解消法