便秘 食物繊維 おなかが張る

便秘解消のために食物繊維をたくさん摂ったら、お腹が張って苦しい!

 

便秘解消には食物繊維が効果的だと言われていますよね。

 

しかし、食物繊維を大量に摂っても全くお通じが良くならず、おなかが張って苦しくなることがあります。

 

そんな時の解消法を紹介します。

食物繊維を摂ったらおなかが張って苦しい時の対処法

 

食物繊維を摂ったらお腹が張って苦しくなった場合、摂っている食物繊維は不溶性食物繊維のはずです。

 

不溶性食物繊維は、あらゆる食品に含まれていますが、特に野菜類に多く含まれています。

 

それで、便秘にはいくつかの種類がありますが、不溶性食物繊維が効果的な便秘と逆効果の便秘があります。

 

便秘は大雑把に分けると、腸が動かなくなることが原因の便秘と、腸がけいれんすることが原因の便秘、そして便意を感じないことが原因の便秘の3種類です。

 

腸が動かなくなることが原因の便秘の場合、不溶性食物繊維が腸を刺激して動かしてくれますので、便秘解消に効果的です。

 

しかし、その他の種類の便秘は便秘解消効果は期待できず、食物繊維が腸で詰まってお腹が苦しくなるだけです。

 

不溶性食物繊維を摂取しておなかが張った場合は、不溶性食物繊維では解消できない種類の便秘の可能性が高いです。

 

そのまま不溶性食物繊維を摂りつづけても、さらに苦しくなるだけですので、すぐに不溶性食物繊維を摂るのをやめましょう

 

そして、水溶性食物繊維を摂取すると便秘解消効果が期待できます。

 

水溶性食物繊維は、便に水分を与えて柔らかくしますので、排便がスムーズになります。

 

腸がけいれんしていても、スルスルっと便を肛門まで送ることができます。

 

そして、便意を感じなくてもトイレにいけば出ることが多いですよ。

 

水溶性食物繊維は海藻や果物に含まれています。

 

ただし、便秘解消に効果的な量を摂るには、かなり大変です。

 

1日にお茶碗山盛りのわかめを食べて、必要最低の水溶性食物繊維を摂取できます。

 

それだけの量を毎日食べ続けるのはなかなか大変ですよね。

 

ですから、水溶性食物繊維を摂るには、水溶性食物繊維がたくさん含まれているお茶などを飲むといいでしょう。

 

「するっと抹茶」は、水溶性食物繊維が豊富に含まれている、便秘解消効果が期待できるお茶です。

 

 

私は「するっと抹茶」を飲んでしつこい便秘を解消することができました。

 

よろしければ、私の体験談をご覧ください。

 

「するっと抹茶」体験談はこちら

水溶性食物繊維を摂っても便秘を解消できない場合の対処法

 

水溶性食物繊維を摂取しても便秘を解消できない場合、水分不足が考えられます。

 

体内の水分が不足すると、便に水分を与えることができないので、便が柔らかくなりません。

 

水分補給をしっかりしているのか、今一度見直しましょう。

 

1日1.5リットルの水分補給が必要とされています。

 

 

水溶性食物繊維を摂って、水分を十分補給しているのにもかかわらず便秘を解消できない場合は、自力では便秘解消は難しいでしょう。

 

腸のけいれんがひどすぎる場合は、どれだけ便を柔らかくしてもスルスル腸まで便が運ばれないでしょう。

 

また、腸がけいれんしている場合は下剤を飲んでも効果が期待できません。

 

下剤の飲みすぎで腸が動かなくなった場合、何をしても無駄です。

 

そういう場合は病院に行きましょう。

 

便秘外来がある病院ならそちらへ、ない場合は消化器内科、胃腸科、大腸科、肛門科、内科のいずれかで診てもらえます。

 

妊娠中であればかかりつけの産婦人科に相談すると良いでしょう。