生理前 便秘 原因 対処法

生理前に便秘になりやすくなったら…

 

生理前になると便秘になりやすくなりますよね。

 

それで、生理前の便秘は他の時期の便秘と対処法は同じなのかなぁ?なんて疑問を持ったことはありませんか?

 

そこで、ここでは生理前の便秘の原因と対処法を紹介します。

生理前に便秘になりやすい原因

 

生理前に便秘になりやすい原因は、女性ホルモンが関係してきます。

 

排卵から生理までの約10日間は、黄体期と呼ばれる時期になります。

 

この時期は女性ホルモンの一種、黄体ホルモンの分泌が多くなります。

 

黄体ホルモンは妊娠のために必要になります。

 

つまり、排卵から生理までの10日間で黄体ホルモンが分泌されなくなると、妊娠できなくなるのです。

 

 

しかし、黄体ホルモンは腸の働きを鈍らせてしまいます。

 

そして、体内に水分を蓄えるため腸から水分を大量に奪ってしまいます。

 

ですから、便に含まれる水分が減ってしまうので、便が固くなり出にくくなってしまうのです。

 

 

だから便秘になりやすくなるのです。

生理前の便秘を解消するには?

 

生理前の便秘を解消するにはかなり難しいです。

 

この時期、黄体ホルモンのせいで腸の動きが悪くなっているのを無理やり動かそうとすると腸に大きな負担がかかります。

 

ですから、無理に腸を動かすことを考えないほうがいいです。

 

 

また、黄体ホルモンの影響で腸内の水分が少なることも便秘の原因になります。

 

ですから、水分補給をしっかりして、便に水分を含ませ柔らかくすれば、少しでも便秘を解消することができるでしょう。

 

生理前はいつもよりも水分をしっかり摂取するのはもちろんですが、便に水分を与える水溶性食物繊維をしっかり摂取することも大切です。
また、水溶性食物繊維は腸を軽く刺激してくれます。

 

無理して腸を動かすことはありませんので、安心です。

 

動きの鈍くなった腸を優しく刺激して、さらに便に水分を与えて柔らかくするので、水溶性食物繊維が豊富に含まれている「するっと抹茶」はおススメです。

 

 

「するっと抹茶」の体験談をまとめてありますので、興味のある方は参考にしてください。

 

 

「便秘お茶実録体験レポ」へ