食物繊維 便秘悪化

食物繊維を食べすぎると便秘が悪化することがある!?

 

食物繊維は便秘解消に効果的だとされています。

 

それで、食物繊維を大量に摂取したら、逆に便秘が悪化したり、おなかが張ったりした経験はありませんか?

 

食物繊維は摂取方法を間違えると、便秘が悪化する恐れがあります。

 

では、便秘解消のために食物繊維を摂取するにはどのような点に気を付けたらいいのでしょうか?

食物繊維で便秘が悪化する原因

 

食物繊維には2種類あります。

 

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維です。

 

参考記事:「水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違い」はこちら

 

 

そのうち、不溶性食物繊維は、水分を吸収して膨らみ、腸を刺激するので便秘解消に効果的だとされています。

 

しかし、不溶性食物繊維を摂取しすぎると、腸の水分を吸収しすぎてしまい、便に含まれる水分量が少なくなります

 

それで、便が固くなります。

 

そうなると便が出にくくなるので、便秘になりやすくなります。

 

 

また、食物繊維は腸の中で発酵して分解されますが、大量に食物繊維が腸に入ってきた場合、発酵する食物繊維の量が多くなります。

 

食物繊維が発酵するとガスが発生します。

 

それで腸の中にガスが溜まってしまうわけですね。

 

しかし、固い便が邪魔でガスを外に出すことができません。

 

それでおなかが張った感じになるのです。

 

しかし、ガスが大量にたまると隙間を通って肛門へ移り、外に排出されます。

 

その時に腸に長時間とどまっていたガスがおならとして出てくるわけですから、くさいおならが出てくるわけですね。

 

 

ですから、不溶性食物繊維を摂取しすぎると、便秘がひどくなることがあるのです。

 

 

ちなみに水溶性食物繊維の摂取しすぎで便秘が悪化する恐れはありません。

 

下痢になることはあり得ますが、便秘が悪化することはありません。

便秘を解消するための食物繊維の摂取方法

 

不溶性食物繊維の摂取のし過ぎは、便秘悪化の原因となります。

 

ですから、便秘を解消するには水溶性食物繊維を大量に摂取すると良い、とされています。

 

 

不溶性食物繊維はあらゆる食べ物から摂取することができます。

 

ですから、意識しなくても不溶性食物繊維は不足しない、と言われています。

 

それに対して水溶性食物繊維は不足しがちだと言われています。

 

ですから、便秘を解消するには水溶性食物繊維をたくさん摂取する様にするといい、と言われています。

 

万が一、不溶性食物繊維が不足したとしても、水溶性食物繊維が代わりに作用してくれるので、不溶性食物繊維が不足しても水溶性食物繊維が不足していなければ問題ないと言われています。

 

腸を刺激する作用が優しくなるなるので、逆に不溶性食物繊維を摂取する代わりに水溶性食物繊維を摂取したほうが良い、という説もあります。

 

 

水溶性食物繊維は、海藻類に特に多く含まれています。

 

ですから、海藻類の摂取量を増やせば水溶性食物繊維の摂取量を増やすことができます。

 

しかし、1日に必要な水溶性食物繊維を摂取することはなかなか難しいです。

 

 

水溶性食物繊維不足を解消するには、サプリなどで摂取するのが手っ取り早いです。

 

そこでおススメなのが、水溶性食物繊維が主原料のお茶「するっと抹茶」です。

 

グア豆由来の水溶性食物繊維が主原料なので、不足している水溶性食物繊維を補う事ができます。

 

ですから、便秘解消の高い効果が期待できるんです。

 

 

私は「するっと抹茶」で便秘を解消することができました。

 

もしよろしければ、私の体験談をご覧ください。

 

「するっと抹茶」体験談はこちら